月間顧客数は自慢にもならない理由

以前に、日本の美容師さんから

「僕は1ヶ月に〇〇人をこなしている美容師です、お話を聞かせて下さい」

と予約用のLINE@から問い合わせがきて。

 

「人数じゃなくて、いくら稼げるのか?をアピールしないと、海外では勝負できないですよ」と返事を返したら、スルーされた事がありました(笑)けっこう丁寧に時間をかけて返事を書いたのに無視されました(笑)失礼な奴(笑)

 

なんか、こなした人数を自慢してる間はフリーランスでは無理だし

海外で働くのは厳しいかと思います

 

(海外でも、日本人経営の海外サロンは別です、そこはもはや海外ではないですから(笑))

 

人数より、いくら稼げる能力があるのか!

が重要です。

 

例えば…

A美容師 1ヶ月100人

B美容師 1ヶ月300人

でも

A美容師は 1ヶ月150万円売上げ

B美容師は 1ヶ月30万円

なんて事が実際にありえます。

 

A美容師は、客単価が1万5千円

B美容師は、客単価が1,000円

 

僕は、1ヶ月に300人をこなす美容師は凄いとは思いません。

「僕は1ヶ月に300人もこなす美容師です」と言われても、いくら稼ぐのかが分からないと、比較対象になりませんね。

 

それよりも、僕は1ヶ月にアシスタント無しで150万円稼いでいます!って美容師のほうが

「え?いったい一人のお客さんからいくらもらってるの???」って興味がわきます。

 

自分をアピールする時は、顧客数ではなく、客単価が重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください