フリーランス美容師

英語で「前髪は横に流しますか?」

前髪は

アメリカ英語では
Bangs

イギリス英語では
Fringe

オーストラリアはイギリス英語なので
Fringeを使います。

前髪はサイドに流しますか?

Would you like your fringe to the right (left) side?

です。

Would you like を Do you want に置き換えてもOKです。

ごあいさつ

この「Yasu TANAKA公式サイト」を開設した理由は、理美容師人生30年の集大成を、後生に伝えたいという想いからです。

理容師からスタートして、美容師の世界に入ったからこそ分かる、美容師の良いところ&悪いところ。

逆に、美容師の経験年数を重ねれば重ねるほど分かる、理容師の技術力の高さ。

そして2001年に海外へ出て分かった、日本の理美容技術の高さ。

さらに海外から見た、日本の理美容業界のダメさ加減。

これから理美容師を目指す専門学校生へ夢を与えたい。

現在もアシスタントで働いている皆さんも、負けないで自分の将来像を見ながら続けて欲しい。

既にスタイリストとしてデビューしている美容師も、

続きを読む ›

起承転結の「転結」の無い…美容師の書くブログが目に付く件

美容師の書くブログを時々に目にするのだけど、

「是非ご参考になればと思います^^」って閉めているのだけど、全く参考にならないどころか、目を引くようなタイトルをドーンと書いておいて、中身はそのことに触れず、結論も無いまま…

そして、ご参考になれば…と終わらす。

 

「(参考に)なるわけないじゃん!!!草」と、いつも思うのです。

 

リンクを貼ると批判っぽくなるので止めておきますが💦

 

例えば

「何故白髪が生えるか?ここまで分かってきました。」というタイトル。

 

読むと、20年前の白髪の理論、そのままで、何も新しい事は書いていなく💦

 

そして、最後には

 

(白髪になるのは)何かしらの理由

早く分かる日がくるといいですね^_^

是非ご参考になればと思います^^

 

ブログタイトルは「ここまで分かってきました」では無かったっけ?

なのに、何も分からずに「早く分かる日がくるといいですね」って(笑)

 

あまりにも無責任というか、読者をバカにしてない?って思うわけです。

 

最近、この手の記事が多いような気にします。

「●●の対策」とか

「●●の方法」とかタイトルを売っておいて、

結論も答えも無しで

「ご参考になれば幸いです」と締めくくってるブログの多いこと。

 

僕は、その昔、フリーペーパーの編集長をやっていたから目に付くのかもしれませんが、文章というものを勉強して、読者(お客さん)へ伝わるブロガーになって欲しいものです。

頑張ろう!美容師!!!

Top