離職率(スタッフが辞める率)を減らす簡単な方法

オーストラリアと日本を、どうしても比較してしまうのですが、

客観的に、良いものは良く、悪いものは悪いと言いたいところです。

離職率を減らすには、簡単です。

 

給料を上げる

休みを増やす

 

これしかないです。

もちろん、経営者の人柄、スタッフの人柄、環境も大事ですが、

 

日本は業界全体で、この二つがダメダメですから。

離職=才能を潰していることが多いです。

 

10年前にオーストラリア人の美容室から声がかかって

ビザをサポートしてもらい4年弱働いていましたが

 

日月曜日は休み、毎年28日間の有給休暇、

有休を取らないと怒られる。

 

そして年俸が当時の為替レートで約450万円+出来高

 

年俸と言っても、11ヶ月の労働で、日月定休なので

実質の労働日数は…、ご想像にお任せします。

 

僕の方も、「自分の年俸の『2倍の売上げ』は上げないと」と思って

自分でプロモーションを仕掛けてましたので

スタッフのモチベーションも上がります。

 

経営者は赤字かというと、全然そうではなく

むしろ車はBMW、持ち家もあり

毎年、家族を連れて2週間の海外旅行へ行ってましたから。

 

かなり儲かっていたと思います。

 

一人のスタッフが毎月70万稼いでくれれば

11ヶ月で770万円、その半分を給料で渡しても

オーナーには約390万円が入ります。

 

表参道だったら、個人売上げ200万⁄月を稼ぐ美容師いますから

半分を払っても、半分はオーナーのところに行くのです。

 

50%のコミッションを上げるってことは

オーナーに50%入るのですから

 

5人のスタッフがいるということは

5人分の年収が、オーナーのところに行く計算です。

 

なのに、

30歳の美容師が年収200万円台で、オーナーが搾取する仕組みは、そろそろ止めた方がよいです。

 

個人売上げの25%程度しか払っていないということは、オーナーは75%も取っているんです。

 

スタッフの個人売上げの50%を払って、経営が困難になるのは、何かが間違っているんです。

 

その何かは、講習会でも開いてお伝えしましょうか?(笑)

 

冗談抜きで、労働環境を改善しないと、日本の理美容業界は成り立たなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください